家の中はほんとうに素晴らしいつくりで1階の居間は暖炉とペチカどの部屋も天井は非常に高くゆったり感と二階はログハウスで作られている部屋で気分は最高でした。
トップへ戻る
キャンピングライフと店主の独り言へ戻る
自転車の奥はワイン蔵になっていて、いつもいつも温度は一定でちょっと
ヒヤッとした冷蔵庫にの感じであった。
こんばんは皆で玄関前で食事となる。
ちょっと小高くなっている丘のような場所からの眺めは最高だ。
岩城さんのウイネベーゴ22F、小川さんのジル、店主のエアスト25サファリ、又地さんのラピード42T、そして別荘の主の島村さんのスイフトチャレンジャー。
厚沢部に昨年購入した島村さんの別荘に我々有志は一泊の表敬訪問に訪れた。この入り口のゲートをくぐって行く、まるで米国の豪邸といった雰囲気で感じである。

2006年7月29、30日 厚沢部町 島村さんの別荘にてキャンプ