もう少し足を伸ばすと、国宝、『土偶』が見れるです。
2011年11月15日、駒ケ岳展示場、函館市内に初雪が降る。
縄文文化交流センター、電話0138−25−2030
その他、縄文文化の数々の展示物があります。
高さ  41,5cm
幅   20,1cm
重さ  1,745g
道の駅『縄文ロマン南茅部』は国道278号バイパス沿い臼尻町551番地1に博物館施設と一体になった国内唯一の国宝のある道の駅です。国宝、土偶は著保内の野遺跡から出土したこの土偶は、内部が空洞で、頭部から脚先まで全身が薄く精巧に作られており、文様構成にも優れている、中空度偶としては最大で遺存状態も良好です。縄文時代後期後半(約3,500年前)の墓から出土した事が解っています。縄文時代の信仰や祭ごとの実態や精神文化を明らかにする上で欠かせない資料であり、加えて土偶造形の到達点を示す物として極めて重要であることから、2007(平成19)年に北海道初の国宝に指定されています。
もう少し足を伸ばすと大船の縄文遺跡がある、キャンピングカーでの旅人も、来年は如何ですか。タイムスリップは。
11月6日、今日は駒ケ岳展示場を休業にし、近くを散策して見よう。鹿部町にある不思議を体験しよう、鹿部間歇泉公園にある、吹き上がる間歇泉を眺めながら足湯に浸かり、チョット旅人の気分です。駒ケ岳展示場の近くにこんな、うるおいの湯郷がある。
10月26日、駒ケ岳の初冠雪です、もう少しで冬の季節です、それにしても今年はイナゴ、カメムシが異常に多い年です、オス鹿、野ウサギが出没し冬支度でもしているのだろうか、赤トンボもまだ飛んでいる。
10月23日、駒ケ岳展示場の裏から駒ケ岳の山を見ると山頂は雲で隠れているが、紅葉が素晴らしく綺麗になって来ました。
10月9日、今年も春から夏にかけて本州、九州、四国からキャンピングカーで北海道を旅する沢山のお客様が駒ケ岳展示場へ寄られてバッテリー交換、ソーラーパネルの取付他、有難う御座いました、また来年も、いらして下さい。早いもので今年も紅葉の季節です。
8月19日、今年の夏はお天気模様があまり良くない日が続いています。
7月18日、お客様へ納車間じかのOXです。
6月5日、駒ケ岳展示場に春セミが鳴き始めました。
4月28日、お客様に納車の日です。
3月21日、もう少しで春ですね、だいぶ雪も解けてきました。
トップページへ戻る
2月23日、雪は少しづつ解けてきていますね、この状態で3月を迎えれば少しづづ雪が解けてくれる事を願いますね。
2011年2月11日、今年も除雪から始まりましたが少しづつ雪が解けて来ている様な気がします。
2011年2月11日、新しい年を迎えた駒ヶ岳