その7へ
2004年初日の出どこで見ようかな!
この辺の地名は日の浜という、14日早朝の日の出非常に綺麗であった、海岸におりて行くとサケ釣りと思われる釣り人が竿を6本ほど立てサケの当りを待っていた、寒いのであろう、砂浜で焚き火で暖をとりながら楽しんでいる。10時過ぎ恵山、恵風で温泉に入り、1週間の疲れを取る、この温泉のすぐそばに無料の露天風呂といっても、そこは海で底から温泉が吹き出ている、水無海浜公園を見に行く満潮時には入浴不可能だが野性味あふれる露天風呂、もちろん混浴であり今日は女性1人、男性4人が楽しそうに太平洋を眺めながらの入浴をしている。
13日の夜、エアストの後部右側の点々のの明かりは、いか釣り船の漁火で非常綺麗であった
年内まで波が静かな夜は出漁する、今宵は月も星も一段と綺麗に見える。
2003年12月13、14日
先週に続いて道の駅なとは恵山に出かける、私はダッチピックアップV8・5.9リッタ4WD+エアストリームソバーリーン21Fもう1台はウィネベーゴWF321RB
の岩城さんである。
6日夜半から雨が降りだし、翌朝7時ころには雪になったがこの辺は雪が少なく
冬キャンプにはいいところである10時頃天気もよくなり温泉に入りに出かけた
冬は温泉が一番いい、露天風呂にも入り気分最高。道の駅、なとは恵山にはキャンプ場もあるが冬期間は閉鎖している。道の駅の売店は9時にオープンする、ここの売店は前浜の新鮮な魚介類も販売しているの朝食のおかずは最高だよ、私以外にキャンピングカーは1台も見当たらず、キャンピングカーも冬はお休みしてしまうのが、もったいないような気がしている、夏はテントでもよいが冬はそうは行かない、だからキャンピングカーの出番ではないのかな、、自分でそう思いながら来週末はどこへキャンピングカーを走らせてやろうかな、お正月休みはどこに行こうか、考えるのが楽しいよ、冬眠しないでキャンピングカーで楽しもうじゃないか。オックスも冬キャンプで使っても、言うことなし。
2003年12月6、7日
久しぶりに、初冬の道の駅、なとは恵山、にオックスで出かけた、6日午後5時30分道の駅、なとは恵山、到着ここで1夜を過ごす、7日は恵山町にある温泉、恵風(トドポックル)に朝、出かけ温泉に入る一泊2日のショートな週末だ・
戻る
又、来春このキャンプ場はオープンになる今年は毎週の様に利用した湯ノ沢水辺公園キャンプ場。来春皆さんも来てください、無料ですよ。
今回はトレーラー3台、自走式3台であるがバスコンは朝6時30分頃、帰宅した。
テント派はもう誰もこのキャンプじょうには来ない、それほど山間のキャンプ場は寒いのだ。
私はコールマン2バーナー、LPGアダプターを使用し、ガス燃料式で朝食の野菜スープを仕込んでる最中、そばにいなくて大丈夫かな。
テントの中で炭で暖を取るより、焚き火の方があったかいナー
8日の夕刻、ホンダ発電機900Iが2台ともエンジンを掛けて10分くらいで
停止する不思議な現象が起きた、2台とも春にオーバーホールをしている、エンジンオイル、プラグ、フイルターとも問題ない比較的ホンダ発電機に多く見られる現象だ、ヤマハの発電機の方が安定している事はたしかだ。だから私はヤマハの方がいいよといったのに!
9日、午前9時焚き火を囲み有志は、このキャンプ場クローズの後は、どこで集まろうか相談中。
2003年11月8、9日いつもの有志が湯ノ沢水辺公園キャンプ場に集合した、ここは9日でクローズとなる。
晩秋の中、寒い週末を焚き火でキャンプだ、8日の夜は寒いの一言、皆夜更けまで焚き火を囲む
10月13日、朝食の準備だ、山々は先週末とはがらっと変わって紅葉になっている
、雪虫も飛んでいて冬はもうそこまで来ているのか。湯ノ沢水辺公園キャンプ場で納会は11月の1日、2日頃であろう。
私のサイトでは車体の下から冷たい風を防ぐのにゴザを立てて風をしのぐ。
焚き火だけでは寒さが身にしみて石油ストーブを又地さんが持ちこむ。
夕食後、私達のサイトで焚き火を囲んでキャンプ談義、手前左がウィネベーゴWF321RBの岩城さん
又地さんと私のサイト、パジェロ・ロング+ラピード42T、ダッチピックアップ+
エアスト21F、

住吉さんのサイト、ランクル80+スイフト・クィーン、家族と愛犬2頭
2003年10月11、12、13日
秋が深まるホームグランド、上磯町茂辺地、湯ノ沢水辺公園キャンプ場に有志が集まっていた。

キャンピングカーライフ その6