2004年キャンピングカーライフ その9へ
2004年第9回ウッドペッカーサマーキャンプ大会
2004年7月3、4日
上磯町茂辺地湯ノ沢水辺公園へ久しぶりのキャンプ、女房と出かけた。キャンプ場へ着くと例のとおりいつものお客様も集合しているお天気もよく楽しい週末となった、私のとなりのサイトには
北海道周遊中のパジェロ+コンパスシャドウの、とのアンドニャンコさん(青木さん)と名刺交換をする。東京杉並区からこのキャンプ場に立ち寄ったらしいロールアップ式のスクリーン、網戸が調子が悪く,相談を受けたのでこうやれば治りますよ、私の商売が出ちゃった、又私が使っている高輝度冷陰極管ちゅこっ灯を見てもらい省電力だから使ってみて下さいが始まった。
杉村さんご夫妻がハーレーダビットソンで、カッコ良く現れたので、記念撮影。久しぶりの湯ノ沢水辺公園キャンプ場は楽しかった。
最終日、駐車場にキャンピングカーを駐車場におき、財田キャンプ場のレストランで皆で昼食をとる、メニューはカレー。
5月5日チェックアウトの日は天気が良くなった、橋本御夫妻別れを惜しむかのように、どこを撮影中ですか。
岩城さん、自転車で散歩ですか。
さー帰りますよ、ウッドペッカー店主、そわそわ。
財田キャンプ場での思い出を胸に出発前の記念撮影となる。
5月4日お昼頃、加藤さん一家が財田キャンプ場にチェックイン。
ウッドペッカー店主、住吉さん、岩城さんの3人で記念撮影。
洞爺村、財田キャンプ場にこれだけの大型のキャンピングカー、トレーラー集まってる光景は始めてかな。
今日は朝から良い天気に恵まれ、皆さん朝のお散歩、洞爺湖の朝の湖は非常に綺麗で幻想的だ。
と、思ったら岩城家御夫妻仲良く焼芋中、住吉家奥様、私、雨でつまらないな。
岩城さん、なにかお考えですか。
この焼芋美味しいよ。
住吉家御夫妻、仲良く焼芋を食べる。
今日はあいにくの寒い雨となり、大滝村の道の駅に皆で買物に出かけ、各自昼食は外食となった。
キャンプ場に帰ってきてから、テントのなかでみんなと語りあうしかないナー!
3人様、焚き火にあたりながら、なんか考えてるのか、それとも物思いにふけってるんですか(懺悔中ですか)。
橋本家の可愛いペットは朝と夕方のお散歩が大好きです。
朝食ですよ。昨夜のあまり物も食べて。
寒いときは風除けシート張って、椅子には毛皮を敷いて座れば意外とあったかですよ。
夜は冷えるね、焚き火台にまきが燃え上がる、でも寒いね。皆さん冬支度の服装でやってますね、焚き火に使うマキは又地さんがたくさん用意してくれたのでガンガン燃やそう(お礼の意味を兼ね)。
夜は風が強く、寒いので、ブルーシートを工夫し囲みました、テントメーカーで焚き火用の風除けシートでも考えて販売して見ては、私は売っているのなら買いますよ。今夜、七輪を使ってなんでも焼いて食べましょうの夜ですね。
ウッドペッカーの奥さん南極でキャンプ!ここは洞爺村財田キャンプ場ですよ。
ウッドペッカー店主と橋本さんの二人は焼酎(泡盛)のお湯割りをがぶがぶ、腹の中からも温める、アルコールが弱い3人は何を飲んでいましたっけ。
スランバークィーン220とウイネベーゴWF321RB財田キャンプ場サイトにチェックイン、エアストリーム、エクセル、クィーン、その後ラピードとチェックイン。
岩城さんが走行中、先を走るエアストリームのバックを写真で撮影。
先頭はクィーン(住吉さん)2番エクセル(佐藤さん)3番エアストリーム(ウッドペッカー店主)4番ウィネベーゴWF321RB(岩城さん)連なって目指すは洞爺村財田キャンプ場。昼からラピード42T(又地さん)苫小牧から参加のスランバークィーン220(橋本さん)は財田キャンプ場に昼頃チェックインの予定で走行。5月4日合流するポルト5(加藤さん)計6台である。4台連なって国道を走行する光景は、追い越しをかける車には迷惑かな、でも壮観でしょう。
トップへ戻る
店主のキャンピングライフとひとり言へ戻る
2004年 キャンピングカーライフ その8
2004年5月1日〜5日
財田キャンプ場へレッツ・ゴー
キャンピングカーショップ ウッドペッカーのお客様と5月の連休を財田キャンプ場で連泊となった、今日は天気にも恵まれ朝、函館新道入り口のコンビニ前に集合。